終活 看取り シニアライフの情報Webメディア

相続 税金の基本を学んで将来に備える!控除は?申告の流れは?

もうすぐ確定申告の時期がやってきます。確定申告はもちろん税金の申告を行う国民の義務として言われている納税を行うために申告します。その中の一つとして相続税についてどんな税金でいくらぐらいかかるか等を解説いたします

 

相続の税金とは

一般的には親が先に亡くなります。その亡くなった時にテレビドラマのような親の遺産相続で、亡くなった故人のことより自分達の利益のための争いが、兄弟、身内の間で発生することはよく耳にします。それだけ遺産相続というものは人の性格でさえ変えるほどのお金の魔力とも言えることです。ではそのお金の魔力でもある相続するときにどのくらいの税金がかけられるかについて解説します。

どんな物の遺産相続に税金が、かかるか

亡くなった被相続人(親)が残した遺産は遺産として課税になる物と、非課税になるものがあります。当然課税対象金額には相続税率の税金が課せられます。ではどんなものが課税になり又非課税のものは何があるかを紹介致します。

*もし土地を相続した場合は「小規模宅地特例」
という土地の評価額を減額できる特例があり
ます。
*披相続人が所有していた宅地等が「小規模
宅地特例に該当すれば相続税の評価額を
減額できそれに伴う相続税の支払い額も
少なくなります                      ※ 生命保険金また死亡退職金 和膳楽が コードの対象ではありません。非課税枠は「500万x法定相続人の数」
[特例条件] 1. 披相続人の配偶者が相続すること。
2. 披相続人と同居していた親族が相続して、申告期限まで引き続き所有、居住用に使用すること。
披相続人が配偶者も同居していた親族もいない場合は相続開始前3年以内にの持ち家のない家族が相続して申告期限まで引き続き所有すうこと

■評価額の減額

前の項目で紹介しましたように課税対象にならないものをそれらを「非課税財産・債務」という言い方をします。 相続税の計算の時に非課税財産・債務を差し引くことを「債務控除」といいます。

pされあ相続に関する税金もちろん相続税です。その相続税の金額を計算するにはかなり難しい面ももあります。最終的には専門家に依頼するのが一番確実な方法です。もし自分で計算をされる場合は基本的には次のような計算式になります。

相続税計算式

[正味遺産総額] (土地・建物、預金、有価証券等) ー (債務控除) ー (基礎控除) = 正味遺産総額

[法廷相続人] 1. 配偶者 相続率 1/2
2. 長男  相続率 1/4
3. 長女 相続率 1/4
[法廷相続人分割] [相続税額] 1.配偶者  正味遺産総額 x 1/2 x (税率%) – (基礎控除:万円) = 相続税額
2.長男   正味遺産総額  x 1/4 x (税率%) – (基礎控除:万円) = 相続税額
3.長女   正味遺産総額  x 1/4 x (税率%) – (基礎控除:万円) = 相続税額
相続に関する 税金は この世にして計算されます。 後の項目で説明しますが 正味資産総額の 3600万以下であれば非課税ですので 3600万以上なると課税対象になります。

 

相続の税金の控除

前の項目で相続の税金について解説しましたが 最終的に相続税を支払う際 なるべく税額が少い方が勿論いいことです。その為には「控除の額」が多いと納税額は少なくてすみます。ここでは相続の時の控除についてもう少し説明致します。
相続税を計算する際必要な控除については前の項目でも紹介しましたように債務控除と基礎控除がありますのでそれについてもう少し詳しく 説明していきます

⬛債務控除

基本的に債務控除や基礎控除があると 相続税の対象となる額は減るわけです。その後分相続税も少なくなります。 債務控除の項目の中で最も多いのが葬儀費用でこの内容は前の項目は説明致しましたので次の項目から紹介致します。
(債務)

1. 銀行などからの借金や未払利息

被相続人が生前に商売をしていたり、また不動産を購入するために銀行などから借金をしており、それを完済せずに亡くなった場合は相続人がその債務を引き継ぐことになりますので控除の対象となります。

2. 治療費などの医療費未払

被相続人が亡くなる直前に入院や通院をしていてそこの治療費などの未払い分は控除の対象となります。

3. 税金の未納分

被相続人に固定資産税、所得税、住民税などの未納分があった場合この未納分として控除の対象となります。

基礎控除額

基礎控除は法定相続人が一人以上いれば誰でも控除を受けることができます。簡単に言いますと相続財産から基礎控除額を引いて余った額に対して相続税率をかけるので基礎控除を引いたらゼロになる場合は相続税は発生しません

相続 税金の基本

相続税は誰にでもかかる税金ではなく、一定の金額以上の財産を残して亡くなった人にだけかかる税金です。そして、この一定の金額のことを基礎控除といいます。
相続税は遺産を相続した場合必ず納付する義務がある税金です。その相続税を少なくするために、基礎控除をいかに多くなるかがポイントです。日本の税金制度では働いたものに対しての税金は高くなくても贈与、相続等ただでもらったような物には高い税率になります。相続税を少なくてすむようにするためには、相続放棄するか被相続人が生前中財産を使ってしまう事です。相続で醜い争いがよくニュース等で流れています。相続するものは残さないように生前に何らかの処理をしておくべきだと思います。 しかし相続税を払うような時になると少しでも相続税が 少なくする方法を見つけてみたいものです。極端な話、亡くなった時の財産額が基礎控除を下回れば相続税はかかりません。つまり、究極の相続税対策とは、披相続人がお金をたくさん使うことです。「なんだ!簡単!」と思った方も多いかと思いまが、実はこれ、思っているより難しいのです。

例えば、100万円の宝石を買ったとします。そうすると、100万円分の預金は減りましたが、100万円分の宝石を手に入れたので、その人の財産は減っていないのです。

子育ても終えられ、住宅ローンも払い終わり、仕事からも引退した高齢者の方が、自身の財産を減らそうと思っても、海外旅行にいくとか、美味しいものを食べるとか、そういったことでしか財産を減らすことはできないのです。
「財産を減らすってなかなか難しいものです」という悩みをお持ちの高齢者は意外と多いのです。自分で使って減らす以外の方法として、生前贈与がありますが、生前贈与はとても奥が深いので、 そんな時は専門家に依頼して解決してもらうことが一番最適な方法です。

相続 税金の申告の流れ

相続財産を取得した際に、相続税の申告をする必要があるかどうか判断できますか?
相続税の申告は、申告しなければならない方と申告しなくても良い方に分かれますが、正確な知識がなければ判断出来ないでしょう。ここでは、どんな物が申告をする必要があるのか?また、申告をしなければならない場合には、どんな資料を作成しなければならないのか、又相続税がかかる物や相続税の税率などは前の項目で説明しましたのでここでは、相続税の申告の仕方について中心に説明させてもらいます

申告期限は?

相続税の申告期限は、被相続人の死亡した日の翌日から10ヶ月以内です。税金を納める期限も申告期限と同様です。被相続人(相続財産を残して亡くなった方)が死亡したときの住所地を所轄する税務署に、相続税の申告書を提出し、納税しなければなりません。相続した資産が、現金以外の場合には、納めるべきお金が手許にない場合があります。現金で支払うことが出来ない場合には、物納という手段もありますまた、すぐに支払うことができなければ延納をすることもできます。

■期限守れない時は

申告すること自体を忘れていて、申告期限を過ぎていた場合には、「期限後申告書」を提出することができます。
あ期限後申告書は、期限内に提出する申告書(期限内申告書)と中身は同じです。しかし、期限を遅れた分だけ罰金を支払わなければなりません。

⬛罰金額はどのくらい

また新たに相続財産が見つかり、申告した相続税額が過少であった場合には、「修正申告書」を提出して自ら修正申告を行うことで加算税だけは免除されます。しかし、その追加分の税額は、延滞税と共に同時に納めなくてはなりません。罰金額は次のページの一覧表をご覧ください

⬛申告手続き (必要書)

相続税の申告は、 税務署所定の申告用紙に必要事項を記入して、 必要書類を添付して行います。

・相続税の申告書
・被相続人の略歴書

・遺産分割協議書(遺言書)の写し
・相続人全員の印鑑証明書

・命保険金等支払通知書の写し
・被相続人、相続人全員の戸籍謄本

・土地、株式の評価計算書
・固定資産税評価証明書

・預金などの残高証明書
相続税を申告する場所は、 亡くなった方の最後の住所地にもっとも近い税務署です。

相続 税金の注意点

相続税の申告は、多くの方は人生で1回経験するかどうかの事で、分からないことだらけだと思います。
しかしながら、税制改正で基礎控除が大幅に低減した2015年以降は、相続税申告の必要な方が、増加しましたので、一概に資産家の方を対象にした税金とも言えなくなってきています。
ここでは、一般の方があまり正しく理解できていない相続税の注意点を簡潔に解説させていただきますので、ご参考いただけたらと思います。

⬛期限内に申告する注意点

相続税申告の期限は、相続開始の翌日から起算して10ヶ月となっております。
この期限内に申告することで、「配偶者の税額控除」や「小規模宅地の特例」など大幅に税金を減額できる特例を

利用することが可能です。相続税申告が必要な方は、確実に10ヶ月以内に申告をしましょう。また申告が必要かどうかが分からない方は専門家に早期に相談して、この期間を逃さないように注意しましょう。

⬛納税額がなくても申告は必要です

ときどき、相続税のことを自分で勉強して、亡くなった方と同居していたので小規模宅地の特例が使用できるので、税金が0円になる、良かった! …で終わっている方がいらっしゃいますが、あくまで、こうした特例が使用できるのは期限内に申告することが要件です。ですから、相続税の納税額が0円であっても、相続税申告は必要になります

■税務調査で追徴課税となる原因の大半は、預貯金の調査に原因あり
相続税申告で、調査が入って追加で税金を持って行かれる場合の多くは金融資産の評価に問題があるケースが過半数を占めるようです。具体的には、預貯金の調査漏れです。故人(被相続人)が亡くなった相続開始の日から、過去3年以内に相続人に渡した贈与は原則、持ち戻しとなっています。これは亡くなった父親が、相続人である息子2名に毎年100万円の現金を3年連続で行っていた場合、年間200万円、3年間で600万円分を父親の相続税の課税対象財産に持ち戻して計算をしなくてはいけないという事です。これは、あくまで税金の計算上のためですから、実際にお金を返金する必要はありませんが、きちんと戻して計算しなくてはいけませんので、一般の方が自分で申告する場合には要注意となります。また、一般の方が自分で相続税申告する場合、税務署は税理士が申告する場合よりも、抜け漏れが無いか厳しくチェックする傾向があるようです。これは一般の方が、相続税申告に詳しくないので過少に財産評価をして納税金額も過少である場合が多いからです。

まとめ

世の中には相続をしてしまったおかげで自分の人生や生活が大きく変わった人達の話を よく聞きます。その相続による変化が良い方向への変化の相続されたものならは 本当に神からの贈り物と呼ばれます しかし大半は 争あいごとになるようなことが多いみたいです。 遺産を残してくた故人は生涯かけて自分のものにしてそれを妻や子供たちにそれを分けて相続します。相続するときに決して故人 の努力を忘れてはいけないと思います。