終活 看取り シニアライフの情報Webメディア

相続問題に相談する弁護士ってどうすればいいの?選ぶポイントは?

親が残してくれた遺産相続で相続人や遺産分割で問題が発生して、最終的に裁判になるようなケースが多く見られます。その時に頼りになるのが弁護士です。弁護士にも色々な専門分野があり、相続に関する弁護士について 詳しく紹介いたします。

 

相続問題に強い弁護士とは

強い弁護士とはもちろん依頼者側の要求を得ることができる法廷での争いに強い弁護士です。では相続に関しての調停の内容や解決できる割合などを、平成26年度の裁判所が公開している「司法統計」からみてみましょう。

裁判所から見る相続問題の深刻さ

現在相続に関しての調停が増加しています。その為「争続」という 言葉が出てきたくらいで今世間で広がってきており平成26年度には遺産相続問題で 12527件調停が行われました。調停に持ち込まれた要因としては遺産の分割を協議する「遺産分割協議」が合意せず裁判になることが大半ですその調停で最終的に裁判で勝訴できる弁護士が頼れる強い弁護士と言えるでしょう。 ではその強い弁護士が争う代表的な内容を紹介します

⬛ 遺産相続で争う遺産額は 5000万以下が最も多いケースです

昔は遺産相続の裁判は富裕層のものと考えられていましたが、現在は高齢者も所得が多い方もおられて、高額な有料老人ホームに入所される高齢者も多くなり それともなった財産も持っておられます。平均的に 裁判所で争われる遺産総額は 5000万クラスが最も多い金額で次に多いのは1000万以下です。

⬛ 争いごとの裁判が多い相続人数

相続と言うと複雑な家庭で相続人が多数いて醜い争いをしていることを想像しますが、今は平均4人以下での相続争いが主なようです。

⬛調停審理期間

相続税は被相続人が死亡した翌日から10か月以内に申告すれば、色々な特例を得ることができますが実際の審理期間は1年以内が最も多く長くなるものでは数年かかる争いになっている物もあります。

⬛裁判の結果

強い弁護士の実力の結果とも言える調停での成立ですが、平均約6割で勝訴しています。また最終的にはどちらかが争いを止める「取り下げ」をしています この勝率が高い弁護士が強い弁護士かはこれだけでは判断できませんが弁護士の力を判断する前に争いごとにならようにしなくては亡くなった故人が一番悲しみます

相続問題に強い弁護士の特徴

実際弁護士にも医者と同じように専門分野がありますので、弁護士の選び方を間違えると、例えば交通事故関連の弁護士に相続問題を依頼することはまず有り得ないと思いますが、もしその間違いがあった場合、相続の取り分が少なくなったりする結果が生じることもあり得ます。 相続問題に強い弁護士の特徴としては相続人に争いがなく相続した物に感謝の気持ちが供えられるように、経験を生かして相続人の妻や子供たちが争いにならないための 策をもって、納得できる説明と対処ができる弁護ができる弁護士と呼ばれています。

⬛できる弁護士への対策

相続が発生する前と、発生する後のやるべきことを被相続人に了承を得ておく。っm
(目的) [相続発生前]    [相続発生後] (弁護士)       (弁護士)
遺言状         ◎
相続税対策      △
相続登記                    △     △披相続人家族
金融資産名義変更              ◎ ◎弁護士業務
相続税申告                  △
遺留分減額請求               ◎
相続放棄                    ◎

相続関連が専門の弁護士の見分け方として 弁護士事務所のホームページ 報酬相談費用 過去の実績 共同関連における実績など細かな情報が掲載されて いますのでそれを見て 判断されるのも一つの方法だと思います

 

相続問題に強い弁護士を選ぶポイント

一言で弁護士といっても様々な分野の専門があります、企業の顧問弁護士、事故・事件、離婚等各分野毎に力を発揮しています。その中の一つに相続専門の弁護士がいます。弁護士が必要になった時にどのように探せばいいかという事に疑問を抱かれる方が多くおられます。探す方法の一番早いのはやりインターネットで検索すると細かな情報まで調べられますが、実態がネットではわからないという点があります。そんな時には各都道府県にある弁護士会館の法テラスでまず無料相談で相談して紹介という方法もあります。

どんな職業でもその人の実力や実績などはすべて内容を聞くまではなかなか判断できません。弁護士は特に実績や実力は依頼する条件としては最も重要なポイントになりなすにので、どんなものがあるかを紹介します。
① しっかりとこちらの話を聞いてくれるか
② こちらの質問に対して明確に答えてくれてるか
③ 話しやすい人かどうか
④ 相続についての過去の実績はどうか
⑤ 他の職種との交流は行なっているか ネットワークは
⑥ 被害者の立場になって考えてくれるか
ここにあげましたポイントに気をつけて最初は相談という形にして、相談 = 依頼 にはなりませんので相談であれば無料の所もあります。結果次第で正式に依頼に頼まれればいいと思います。弁護士の評価ポイントとして重要なポイントはやはり過去の実積は気になるところです。相談の段階でよく実積の事は尋ねられる事で納得できる材料になります。

相続問題に強い弁護士の探し方

弁護士の情報に関しては家庭や身近な所であまり縁がありません。やはり一番の探し方で便利な方法は インターネットで検索する事が一番早く情報量も豊富ですが実際に話ができないところに不安も感じます。インターネットで探して弁護士事務所に行かれた方の中には、ネットのホームページの内容や報酬などがずいぶん違っていてがっかりされた人たちもおられるみたいです。 しかし情報を集めるには、インターネットが手短で早く情報を入手できます、
現在インターネットで探す場合には弁護士を紹介してくれるサイトと個別の弁護士事務所のホームページを開いて確認する方法があります。その他には公的機関で「法テラス」と言う相談機関があります。これは総務省の所轄

で無料の相談もありますので、そこでまず弁護士を紹介してもらう事が出来ますので相談をしてから正式に相続専門の弁護士に依頼する方法も有ります。

後弁護士の紹介サイトとして最も頼りになる情報サイトが弁護士ドットコムです。 ここは上々企業が運営している弁護士紹介サイトで相続問題に強い弁護士等様々な分野のかなりの情報を揃えています。

相続に関する弁護士について紹介してまいりましたが ここに挙げたような相続の問題を解決するような状態にならないように相続することが被相続者に対しても最も重要な供養ではないでしょうか。

注意点

遺産相続にあたって、こういうところに注意すれば、大失敗をしなくて済むという点について解説しています。。以下の項目は、全ての相続人が揉めることなく円満に相続を終えるための情報であって、「相続で損をしないため」や「相続で得をするため」のものではありません。

相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に相続の放棄・限定承認をすることができます。逆に言えば、その期間に放棄または限定承認の手続をしなければ、単純承認したものとみなされ、もはや放棄も限定承認もすることはできません。相続財産がプラスであれば、特に問題ありません。貰いたくないのであれば、遺産分割協議において、相続分をゼロ(なし)とするか、他の相続人に譲渡してしまえばいいのです。しかし、相続財産がマイナスである場合は、そうはいきません。相続というのは、プラスの財産のみならずマイナスの財産を含めた故人(被相続人)の一切の権利義務(一身に専属するものを除く。)を承継するもの
ですから、マイナスの財産、つまり借金を抱えている人を相続してしまえば、その借金はあなたの借金になってしまいます。つまり、あなたがあなたの財産を持って返さなければならなくなるのです。
遺産分割協議書の作成という依頼を受けるとき、良くお客様から「相続人は誰それだけだから・・・」と言われることがあります。大部分は、その通りなのですが、「この人誰?」と言う人が出てくる場合もあります。
それは、前婚相手との子供であったり、認知した子供であったりするのですが、それらの人と全く交流がなく、面識がなかったとしても、法定相続人なのですから無視することはできません。遺産分割協議は、相続人全てが参加しなければ効力がないのです。分かっている相続人だけで遺産分割協議をし、誰が何を相続するのかを決めた後で隠れた相続人が見つかると二度手間になってしまいます。ので相続人の調査は十分に注意してください。

 

 

まとめ

死亡死亡・葬儀・遺産・相続・争い・裁判という一連の キーワードは現在高齢化社会になるにつれて このキーワードはもっと重要になってくると思いますこれらのキーワードは相続につながって争いの要因にもなる事はこれから先もなくなることはないでしょう