終活 看取り シニアライフの情報Webメディア

相続の順位について教えて!決め方は?注意点は?

父親や母親が亡くなり、特に父親の場合、金額は各家庭事情が違うので一概には言えませんが「遺産」というものが有ります。
是非はありますが相続として残り、一番気になるものです。
そこで今回はその気になる相続の順位について紹介させていただきます。

 

相続の順位とは

遺産を整理する時に、亡くなった方が「被相続人」という立場になることはご存知だと思います。
更にそこから様々な複雑な立場が遺産というお金に関したものを相続することで、世間でいう「相続争い」へと発展するような事態にもなっていくことさえあります。
実際に相続する金額額が多ければという人間の欲望は本当に怖いものです。相続という恵みの財産が貰えるとなればそれまで仲の良かった兄弟・姉妹までお互いの縁に深い割れ目が生じる事も聞かれます、そこでこれから気になる親の残した遺産に対して分配できる順位について紹介紹介させていただきます。

相続順位

相続には「法廷相続人」と「法定相続額」が決まっているので、通常はそれに従って「遺産分割協議」を行います。

■法定相続人

被相続人の親族が人になります。
しかしこのときばかり普段あまり付き合いのない親族も名乗ってきます
親族と呼ばれる立場の人はまず配偶者、実子は当然ですが、親、祖父母、従兄弟、甥・姪等が一斉に選挙の立候補並みに相続人としての権利主張に名乗りをあげた場合、遺産分割を行うことはできません。

そのようなときに問題解決を行う為に法律では「法定相続人」を定めてます。法定相続人には順位がありますので遺産の相続額も当然その順位に基づいて分配されます。しかし相続人が決まらない限り法定相続人への分配金は実施されません。
法定相続人が決まっても相続人の遺産分配金が決まらないと遺産相続は行われません。そのようなときは法定相続人に対して「法定相続分」が決められています。しかし法定相続分で決まるのは遺産総額の取得割合のみで一番気になる「誰が何をもらうか」は「遺産分割協議」で相続人で決めることになります。ここが争いの「出発点」になっていくようです。

■法定相続人順位

被相続人に配偶者がいたら配偶者は常に法定相続人になります。配偶者は法定相続人の順位からは除外されています。

順位  相続人  相続割合      対象
配偶者    1/2
第1位 実子     1/2  実子の数が多い場合は人数分で頭割りします。もし実子が2人の場合
1/4  になります。

第2位 親          被相続人に子供も孫もいない場合には親が第2位の相続者になります
(例)配偶者     2/3
両親x2人 1/3 x 2
第3位兄弟・姉妹  1/4 x 人数分

これから後の順位については様々なケースがありますので又その内容によって率なども異なってきますので割愛させていただきます。ここまではもらう喜びですが、この後に高額な「相続税」の納付が待ち受けています。

 

相続 順位の決め方

相続の順位の決め方の基本的なルールは法律で決められていることです。それは民法によって次のようにきめっれています。

民法で決められている順位

民法第890条・第887条・第889条
1.配偶者➡ 常に相続人
2.実子  ➡ 直系卑属 第1位相続人(代襲相続あり)
3.親   ➡ 直系卑属 第2位相続人(代襲相続あり)
4.兄弟  ➡ 直系卑属 第3位相続人(代襲は1代限り)

相続人は1位がいなければ2位、もしも2位がいなければ3位と相続人は変わりますが、被相続人に配偶者はいなく実子がおられれば絶対に兄弟や姉妹は法定相続人にはなれません。代襲制度について少し紹介しておきます。

[代襲制度]

被相続人が亡くなられた時に本来、相続人の立場である実子が既に亡くなられておられる場合、その子供被相続人からすると孫に相続人の権利が受け継がれることです。孫も死亡していない場合はひ孫へと代襲されていきます。

一方の兄弟・姉妹の代襲は一代限りです。世間で相続の争いで壮絶な争いになる要素の最も多いのがこの代襲制度で被相続人の兄弟から「何故孫のほうが多いのか」での争いはいつまでも無くなることはなさそうです。

 

相続 順位は離婚等で変わる場合がある

夫婦は時には離婚しなくてはいけない環境になる事はあります。人生の中でのいくつかの悲しい出来事の一つである離婚後、元もご主人の父親が亡くなる悲しい出来事が発生した時い離婚した元の配偶者に遺産を相続する権利はあるのでしょうか。
ここで考えてみましょう。平成28年度人口統計表によると現在日本の離婚率は年々増加しており2016年の離婚件数は217,000件で離婚の最も多い年代が30~40歳代で離婚率も34.5%と増加傾向にあります。この年代の親の年代は比較的に若くても60歳~70歳近い年代だと思われます。その親が亡くなった時にこんな事は世間ではあまり多くはない事ですが離婚した元嫁が「私にも遺産はもらえるのでしょう」等の答えにくい質問が来た時なんと答えればいいかを紹介させていただきます。

[答え] 離婚した後はもう戸籍上では他人ですそのような方は絶対に相続人にはなれません。
但し、夫婦間にいた子供には相続人としての権利はあります。元父親でも離婚後親子関係がなくなることはありません、その為に相続人としても権利が残ります。
配偶者として相続人として権利を得るには法的に婚姻関係になければ遺産は一切貰えません。子供は婚姻関係を示すような紙の上での証明より濃いもので親子の証は生涯続きますその為に相続人としての権利も得ることができるのです。つまり子供は元の両親が亡くなった場合第1位の相続人となるため。相続権をもてる事になります。これは離婚後何十年も会っていない状況だとしても変わりません。

相続 順位の例

遺産相続についていろいろとわからない法的な問題はある事です「誰がどれくらい貰う権利があるか」又貰える範囲はどこまでか等気になる事は多くの方が詳しくないと思います。その範囲を考えると配偶者をはじめとして叔父・叔母等まで組み合わせるかなりの範囲になっていきます、それを整理するために、法定相続人や法定相続額が決められていますが実際の事例では考えつかないほど多数になります。ここでは考えられるすべての事例を紹介できませんが重要の事例を中心に取り上げてみます。

基本的順位

[相続順位]  [相続者・相続額] (配偶者iいる場合)                                    (配偶者いない場合)
第1位   配偶者(1/2)  + 子供(1/2) (子供人数で頭割り)            第1位  直系卑属(子供・孫)
第2位   配偶者(2/3)  + 直系尊属(1/3)                第2位  直系尊属(父・母・祖父・祖母)
第3位   配偶者(2/3)  + 直系尊属(1/3) 第3位  兄弟・姉妹

上記が一般的な順位系列です。兄弟・姉妹が多く、親戚も多くなるとその位置づけにおいて相続できるかできないかは被相続人からの立場で違ってきます。様々なパターンの中から重要と思われる組み合わせを紹介いたします。
1.夫が被相続人で.配偶者と子供(3人)被相続人の親がいり場合
相続できるのは配偶者と子供だけです

👵 —🎅
1.夫が被相続人で.配偶者と子供(3人)              祖母(なし) 祖父(なし)
被相続人の親がいる場合                       (死亡)
相続できるのは配偶者と子供だけです
🤵 ー🙎
(被相続人) 母(1/2)
👩 - 👮 ー 💂
長女 次男 長男
(1/6) (1/6) (1/6)

2.子供が相続を放棄している場合
相続を放棄したものはその相続に関して 🤵 ー🙎
初めからなったものとして扱います  (被相続人) 母(1/2)

👩 - 👮 ー 💂
長女 次男 長男
(なし) (1/6) (1/6)
財産放棄

3.内縁の妻と子供がいる場合
内縁の妻とは役所に婚姻届けを出して         🤵 ー🙎
いない女性法律上では婚姻届が出され         (被相続人) 母(1/2)
ていないいじょう他人扱いで勿論相続の       *夫は既婚者ではない
順位にはなりませんが、子供は相続対象          👩
になります。                     長女[100%](被摘出子)

このように内縁の妻や、離婚後の立場で遺産相続に大きな影響を及ばすのは元妻でも無届けの妻でもありません、相続順位にしても現役の配偶者とその実子、そして次に来るのが籍は違っても「血を分けたこどもはやはり強い立場になります。

相続 順位の注意点

順位の決め方での注意点は、相続の基本となる法廷相続人は、配偶者が遺産の1/2、残り1/2を子供たちの人数で頭割りして決めることは前の項目でも説明しましたように、法的に決まっていることなどで問題はあまり起らないようです。注意点があるとしたら子供の人数での頭割りの遺産に不満を抱く方も出てくるみたいです。それも注意しなければいけませんがそれ以上に注することは次にあげるような状況になった時にどう対処するかが過去の相続問題で、最も注意すべき点です。

配偶者も子供も亡くなっていない場合の相続

遺産相続の中心的立場の人はやはり配偶者と実子です。それでも配偶者も同年代による老化や病気に伴い亡くなる率は非常に高く、又相続の権利の2番目にある実子も何かの事故や病気でなくなることはあります。その際に法的に相続の権利が優先されるのが、自分の実子の子供で被相続人からみれば孫にあたります。相続制度は基本的に配偶者以外は直系尊属を基本としているため自分の直系の子供がいなくなれば当然法的には直系の孫が相続人になりなす。その方法は前の項目でも取り上げました「代襲相続制度」で直系で受け継ぐ制度ですが注意すべき問題は相続する直系の孫がまだ幼少期で判断等もまだできない年代の場合い周りの親族・親戚からの非難にも等しい事などが出てくることもあるような口コミも多数拝見しました。そのような事にならない為の方法が「遺言者の作成」等いくつかの方法その事態を収める事です。これを作成しておけば法的にも、個人間でも問題が少なくなります。

■遺言書による方法

被相続人が孫に相続させるという、遺言を残しておけば孫の相続が可能になります。又この遺言書の存在で周辺の相続人からの言葉もむしすることが可能になります。又その他の方法としては孫への生前贈与や

養子縁組、生命保険の受取人としての指定があります。相続の最も重大な注意すべき点は被相続人がまだ意識や相談ができる状態の時に生前贈与も含め内容や相続人を明確にする事が大切な事です。

まとめ

今回は気になる縁のない人に分かれる遺産相続の順位について紹介してきましたが、中には莫大な相続をしてその相続税は現金払いで、それが払えず自己破産までしたニュースが流れていましたが相続した人の半数近くは相続した為に色々な人との親交をなくしたりしているくらいに喜んでいる人ばかりではありません。