終活 看取り シニアライフの情報Webメディア

相続財産管理人ってどんな役割?選任を断ることもできるの?

財産管理人ってわかりますか? 例えば身寄りの無い方が亡くなった場合その財産はどうなるのか、お金を貸した人が亡くなった人の相続人に請求した場合、相続人が全員相続放棄をした時に誰に請求をしたらいいか等の相続問題を処理する立場の人が財産管理人です。

相続の財産管理人とは

人が亡くなる時は色々な事を残して亡くなる方がいます。 例えば借金です。亡くなった方にお金を貸したのに、亡くなったと連絡をが入った時のショックは計り知れないものがあります。相続人に借金返済の請求をした時相続に全てが相続放棄を されていて請求するところがありません、そんな時に家庭裁判所から選任された財産管理人が 債権者への支払いをできるように解決していくのが財産管理人と言います。 一方で高齢者問題でいわゆる独居老人や老老介護の方がなるケースがこれから増えてきます。平成28年の内閣府の「高齢者生活環境調べ」によるとこの方々の大半が身寄りもなく、付き合いもあまりない調査結果が出ています。 この調査の中で 65歳以上の高齢者が病気などの時に「世話を頼みたい人と」聞くと以下のような回答が出されました

⬛病気などの時に世話を頼みたい人
男性     介護ヘルパー      41%
女性     兄弟・姉妹・しんせき  35.4%

増加する高齢者の孤独死

またこの調査で高齢者の孤独死の実情を見ると「東京都監察医務院」公開データによると 65歳以上の独居老人の死亡者数は平成26年度には東京23区だけで2,891人が亡くなっておられます なぜ高齢者の孤独死の話をすあるかと言いますと財産管理人の重要な仕事だからです。身寄りの無い方が亡くなられてもその債務、貯金などの財産があった場合管理する役目を担うからです。

財産管理人の役目をまとめると次のようなことが挙げられます。
①被相続人が 独居で身柄がない方が死亡預貯金が残っている場合
②被相続人にお金を貸したが法定相続人の妻子供全てが相続放棄しているので請求先がわからない
③遺言状で 遺贈を受けたけど他の相続人は全員を相続放棄した為に財産はもらえるのか

このような事態が起きた場合相続財産管理人が解決する立場になります。 相続財産管理人は相続者から相続財産管理人申告があったら家庭裁判所が披相続人と利害関係のない弁護士か司法書士を選任をします。

相続財産管理人は ①から③のような事態の問題が生じた場合、相続財産の調査、管理などを行う役割を担う人のことを言います

 

相続 財産管理人を必要とされる場合

被相続人が亡くなり財産が残っても相続人が誰もいない場合やもし法定相続人がいても全員が相続放棄した場合相続財産を管理する人が誰もいなくなり被相続人に対する債権者などは貸した、お金が貸し倒れの可能性にもなります。

相続するはずの財産もどこにあるかわからなくなるような状態になる事もあります、相続財産管理人は財産の保全もふくめ管理する立場にあります。そこで債権者には財産管理人が管理する相続財産から分配できるようになります。もし相続財産管理人がいない場合は、相続するはずの財産を管理する人がいない為に相続財産が不当になることや隠されてしまう危険があります。これらを防ぐのも相続財産管理人の仕事です。
家庭裁判所は相続財産管理人を選任するとその後相続財産管理人を選任したことを知らせる公告を官報などに掲載します
相続財産管理人の最初の仕事は残さた相続財産を調査し、財産目録を作成することで相続財産を明らかにします。さらに不動産登記を相続財産として名義変更することや債権の回収、複数の口座に分かれている貯金の口座に集めることなどを相続財産管理人が行います。
又高齢化問題を処理する業務も重要な任務の一つでもあります。 これから 高齢化がますます高くなりその方たちがt亡くなられた場合、役所は身内や縁者等がいないか調査します。その結果殆ど見つかったとしても、受け入れは拒否される為に亡くなった高齢者のプラスの財産もマイナスの財産も相続財産管理人によって管理することになります。

相続 財産管理人の選任

相続財産管理人は前の項目でも説明しましたように被相続人(亡くなった方)の債権者などに対して被相続人の債務を支払う等をして精算を行います。精算後残った財産を国庫に帰属させることになります。なお特別縁故者(被相続人と特別な縁故のある方)に対する相続財産分与がなさる場合もあります。家庭裁判所に相続財産管理人を選任してもらう為には次の項目を満たす必要があります。
① 相続が開始されている事
② 相続人がいるかどうかわからない
③ 相続人がいても全員相続放棄をしている
④ 相続財産があること
⑤ 検察官から家庭裁判所に相続財産管理人の選任申立があること。
申立人は相続財産管理人の選任審判申立書を作成して必要書類を添付のうえ家庭裁判所に提出します。

⬛ 申立人

① 利害関係人(被相続人の債権者,特定遺贈を受けた者、特別縁故者など)
② 検察官

⬛ 申立先

被相続人の最後の住所地の家庭裁判所

⬛ 申立に必要な費用

① 収入印紙 800円分
② 連絡用切手
③ 官報公告料 3,775円 (家庭裁判所の指示があってから納めるようになっています)

但し、相続財産管理人の選任請求をする際には、「予納金」という家庭裁判所に納めるお金が相続財産から支払われることになります。(金額は10万円くらいか数百単位になります。
予納金の金額は、相続財産の額や事案の難しさによって殆ど大きく変わります。
被相続人の親族などが相続財産管理人になる場合には報酬は不要ですが、弁護士などが相続財産管理人に就任する場合には、月額数万円程度の報酬が必要になるからです。

⬛申し立てに必要な書類

①申立書 (申立書の書式及び記載例をよくご覧ください)
②標準的な申立添付書類
・被相続人の出生地から死亡まで全ての戸籍(除籍,改製原戸籍) 謄本
・被相続人の父母出生時から死亡時までの全ての戸籍(除籍、改製原戸籍) 謄本
・被相続人の子(その代理者)で死亡してい方がいらっしゃる場合その子及び(その代理者)の出生時から時ま
での全ての戸籍(除籍、改製原戸籍) 謄本
・相続人の直系尊属の死亡の記載のある戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本
・被相続人の兄弟姉妹で死亡している方がいらっしゃる場合,その兄弟姉妹の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本
・代襲者としてのおいめいで死亡している方がいらっしゃる場合,そのおい又はめいの死亡の記載がある戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本
・被相続人の住民票除票又は戸籍附票
・財産を証する資料(不動産登記事項証明書(未登記の場合は固定資産評価証明書),預貯金及び有価証券の残高が分かる書類(通帳写し,残高証明書等)等)
・利害関係人からの申立ての場合,利害関係を証する資料(戸籍謄本(全部事項証明書),金銭消費貸借契約書写し等)
・財産管理人の候補者がある場合にはその住民票又は戸籍附票
※ 同じ書類は1通で足ります。
※ もし,申立前に入手が不可能な戸籍等がある場合は,その戸籍等は申立後に追加提出することでも差し支えありません。
※ 戸籍等の謄本は,戸籍等の全部事項証明書という名称で呼ばれる場合があります。
※ 審理のために必要な場合は,追加書類の提出をお願いすることがあります。

相続 財産管理人の役割

家庭裁判所が受け取った書類をもとに、相続財産管理人選任の要件を満たしているかどうかを確認します。

その後、審理の結果、家庭裁判所から相続財産管理人選任を申立人が受ける必要があると判断されれば、相続財産管理人を選任するという審判が下されます。その後以下のような流れで相続財産の手続きが行われていきます。これが相続財産管理人の重要な役割になります。

①相続財産管理人の選任が公告される
家庭裁判所が相続財産管理人を選任したことを、官報への記載などによって広告します。
②相続財産管理人による相続財産の調査と管理
相続財産管理人が残された相続財産の調査や、財産目録の作成や不動産登記といった管理業務を行います。
③相続債権者と受遺者への請求申出の公告
相続財産管理人の選任が公告される」から2ヵ月が経っても相続人が現れなかった場合は、相続債権者と受遺者に対し、2ヵ月以上の一定の期間内に請求の申出をするよう、官報に公告します。
④相続債権者と受遺者への支払い
相続債権者と受遺者への請求申出の公告」に対して債権者や受遺者の届出があった場合は、相続財産管理人がそれぞれの割合に応じて支払いを行います。
⑤家庭裁判所へ相続人捜索の公告を請求
相続債権者と受遺者への請求申出の公告をしても相続人の存在が明らかにならなかった場合は、相続財産管理人が相続人捜索の広告を家庭裁判所へ請求します。
この請求を受けて家庭裁判所がもう一度広告を出し、それでも誰からも申し出がなかった場合は相続人がいなかったと判断されます。
⑥縁故者への相続財産分与手続き
家庭裁判所へ相続人創作の公告を請求から3ヵ月以内に、特別縁故者から財産分与を求める申し立てが家庭裁判所にあった場合は、相続財産管理人が財産分与の手続きを行います。
⑦相続財産管理人に報酬の支払い
相続財産管理人はすべての役割を終えた時点で、家庭裁判所に報酬支払いの申し立てを行えるようになります。
相続財産管理人に選任されると①~⑦までの役割を担うことになります。

相続 財産管理人の選任を断る方法

申込人が家庭裁判所へ相続財産管理人申し立審議申告を行い、裁判所が必要性と判断する場合と必要を認めない場合のがあり審議の結果必要がありとの判断の時に、裁判所は相続財産管理人の選任にあたります。裁判所は審議に結果は申立人には報告されます。財産管理人の選任を必要としない場合があるかというとそれは「遺言書の存在です」それはどのようなことかを今から紹介します。、

遺言書の存在

財産相続管理人が選任されるのは相続人が誰もいないからです。そこで考えられるのが「遺書の存在」です。
遺言書をうまく活用して「包括遺贈」か「特定遺贈」例えば遺産遺贈は包括全財産を00に遺贈する。などの割合を指定して宇増する方法で同じ方法で考えられるのが特定遺贈で00の預金を遺贈する等の方法で遺産を遺贈する方法です。遺言書がある場合でも特定遺贈は遺贈のために相続財産管理人が選任されることになっています。それに対して特定遺贈は包括遺贈は受遺贈者は相続人と同じ立場の権利・義務を持つので相続財産管理人の選任は不要になります。選任される相続財産管理人は、このように被相続人が亡くなったあとで、相続財産の調査・管理をするために色々と違った条件がや相続人がいない場合に選任されます。決して簡単な業務ではないので、弁護士などの専門家が選任されるケースが多いよです。また、みなさんが家庭裁判所から相続財産管理人の補佐的に一定の手続きを依頼されらることはあっても、相続財産管理人に選任される可能性はありません。万が一、相続財産管理人の補佐として、手続きの依頼をされても慌てなくて済むようにできる事です。、この様に法族財産管理人に選任されると煩雑な手続き関連を膨大にこなさなければいけません申立る側は申立の際に予納金が必要になって返ってこないケースもあるようです。
自分が本当に天涯孤独で誰も身内がいない場合は仕方ありませんが、相続人がいなくても相続させたい人がいるケースもあります。そういう人がいれば相続手続を選任しないですむ方法等を考えておくべきだと思います

まとめ

人はきつい思いをして汗をかいて得たお金は自分にとって生きた満足で得られるお金ですが、相続や遺贈等で得たお金は自分が苦労して得たものと違い多い、少ない、等でもめていることは最近こそあまり聞きませんが昔は推理小説にでもなるようあ事件が多くあったほどで、相続財産管理人のような立場お人が運営・支払い等を平等に行ってくれるのが争いの防止にもなることでしょう。