終活 看取り シニアライフの情報Webメディア

法事の食事について教えて!メニュー例は?挨拶は?

人がある目的のために集まり食事をする事を「会食」と言います。食事には、栄養を摂取するという以外にも、社会的な意味が付与されています。多数の人が同時に同じ内容の食事を食べる事は、帰属意識を促し、連帯感が生まれます。また、年中行事や儀礼においても食事が登場し、精神が宿った食文化が継承されていると言えるでしょう。今回は、その中でも法事の際に振る舞われる食事について、お話ししたいと思います。

 

法事の食事とは

故人に対して行う供養の事を「追善供養」と言い、生きている人の善行が故人の善行に通じ、それがさらに自分に戻って来るという意味が込められています。お坊さんにお経をあげてもらい、故人を供養してもらう儀式である「追善供養」は「法要」と呼ばれ、法要後の集いなどを含めた全体の営みを指すのが「法事」です。
法要を終えた後、喪主や遺族は僧侶の方や参列者の方々を招き、食事をもっておもてなしをする事があります。これには参列して頂いた方々に感謝の意を示すと同時に、食事をとりながら故人の思い出などを語らい偲ぶ場としての意義もあります。
この食事会の事は「お斎(おとき)」とも呼ばれ、寺院で正しい時間に食事をとる事を意味する仏教用語「斎食(さいじき)」が由来であるとされています。また「斎(さい)」という字には、「飲食により身を清め、謹んで神仏を祀る」という意味があります。そのため、「お斎」は「お清め」や「精進落とし」と呼ぶ地域があり、地方によっては出棺前に食事を出す「出立ちの膳」という呼び方もあります。
「お斎」を催さない場合、一般的には引き出物などを用意し、料理やお弁当と一緒に持ち帰ってもらいます。僧侶の方は忙しいため、「お斎」に参加できない事がありますが、その際は食事代として「御膳料」をお渡しします。

 

法事の食事のメニュー例

元来、寺院での食事を表す「お斎」には、肉や魚などの殺生をイメージさせる料理は出されませんでした。近所の農家から野菜などを頂き、仏教の戒律に基づいた精進料理が提供されていたのです。
また、かつての法事は、その一切を自宅にて執り行われる事が珍しくありませんでしたが、近年ではお寺で法要を行い、その後の食事を料亭やホテルで振る舞う家庭が多くなりました。そのためメニューのバリエーションも増え、様々な料理が選べるようになりました。精進料理と会席料理の例を見てみましょう。

精進料理

先付:黒胡麻豆腐、菊海苔、山葵、精進割り醤油
前菜:山芋の蒲焼き風、ゼンマイの白和え、インカのめざめ松露、木の芽、生麩の胡麻和え、すだち、芋茎(ずいき)の味噌炒め、松の実、もずく酢落し芋
刺身代:刺身湯葉、焼き茄子、長芋そうめん、加減醤油
台の物:椎茸と豆腐の二身蒸し、柚子、みぞれあん
中皿:生湯葉と野菜の生春巻き、はす芋、胡麻だれ
煮物:揚げ出し茄子、木ノ葉南瓜、車麩、糸人参、若芽炒め、絹さや、花麩
焼き物:長芋のそぼろ味噌田楽焼き、酢取り茗荷
揚げ物:舞茸、茄子、南瓜、しし唐、牛蒡と人参のかき揚げ、精進天つゆ
酢ノ物:豆乳こんにゃく、胡瓜、しめじ、菊海苔、カリフラワー、あおさ海苔、酢味噌
ご飯:精進寿司(茗荷、はす芋、エリンギ、裏巻き、ガリ)
汁物:けんちん汁

会席料理

先付:黒胡麻豆腐、菊海苔、わさび、割醤油
前菜:白身魚の南蛮漬け、焼きねぎ、あおさ海苔、鶏松風、合鴨ロース煮、海老の旨煮、鮭つみれ玄米揚げ、はすの芽、スモークサーモン砧巻き、手毬湯葉、若芽、銀あん
造り:鮪、白身魚、ぼたん海老
台の物:生湯葉、長ねぎ、水菜、魚麺、花麩、大根卸し、柚子
蒸し物:鰻の餅米蒸しそばの実あん、わさび
焼き物:オマール海老の玉素焼き
中皿:ローストビーフの野菜巻き、はす芋、胡麻ドレッシング
煮物:牛バラ肉の柔らか煮、花大根、小茄子、粟麩、花麩、白髪ねぎ、オイスターソースあん
揚げ物:帆立進丈玄米揚げ、ウニの大葉巻揚げ、白身魚のくり衣揚げ、長芋磯辺揚げ、抹茶塩
ご飯:季節ご飯、香の物2点
汁物:赤だし(なめこ、豆腐、三つ葉)
水菓子:マンゴープリン、メロン

法事の食事の挨拶

遺族を代表し、法事を執り行う人を「喪主」と呼び、法事の費用を負担する人を「施主」と呼びます。通常は「喪主」と「施主」は兼任する事になり、法事の食事の席で挨拶をします。その挨拶にはどのような内容を盛り込めば良いのでしょうか。「会食前」と「会食後」に分けて例文を挙げ、それぞれの趣旨を見てみましょう。

会食開始時の挨拶

①謝辞を述べる

まずは参列して頂いた方々に、感謝の気持ちを込め、謝辞を述べます。
ex:「本日はお忙しい中、亡き○○を偲ぶためご列席を頂き、厚くお礼を申し上げます。菩提寺△△様により、無事に法要を済ませる事ができました。○○もさぞ喜んでいる事と思います。」

②法事の委細と近況の報告

○回忌など、今回の法事の説明とともに、遺族の近況をご報告します。
ex:「○○が亡くなり、早いもので○年が経ちました。今では哀しみも少しずつ和らいできており、生前より親しくして頂いた皆様からのお力添えのおかげだと、深く感謝しております。」

③故人への想いと今後の希望を述べる

法事までの期間、故人に対してどのような感情を抱いたか、また今後はどのように過ごしていくのかをお話しします。
ex:「○○は家族にとっても大変大きな存在であったと、亡くなってからさらに強く感じております。残された家族一同、力を合わせ、健やかに過ごしていく所存でございます。」

④開始時挨拶の結び

これから食事を召し上がって頂くため、開始時挨拶の締めくくりの部分になります。
ex:「ささやかで恐縮ですが、お食事をご用意させて頂きました。どうぞお時間の許す限り、ごゆっくりご歓談下さいませ。また○○の思い出話など、お聞かせ頂ければ幸いです。本日は誠にありがとうございました。」

会食終了時の挨拶

法事全体の終了をお伝えするとともに、参列者のおかげで法事が滞りなく終了できた事に対し、今一度感謝の意を伝えます。
ex:「まだまだ皆様のお話をお聞きしたいと存じますが、そろそろお時間となりました。名残はつきませんが、どうぞ皆様には○○の分まで元気で長生きして頂き、これからも変わらずご指導を頂ければと願っております。本日は誠にありがとうございました。

法事の食事の席順

日本の住宅において、「床の間」とは神仏を祀っていた場所であると言われていて、近世初期の書院造りをもって完成されたとされています。そのため、「床の間」に近い位置は高位を意味し、ビジネスの場でも重んじられる席次です。
お座敷で法事の食事をする際、床の間に近い席次を「上座」と呼び、入り口に近い席次を「下座」と呼びます。床の間がないレストランなどで食事をする際は、入り口から遠い席次が「上座」となります。
本来、「上座」にはおもてなしをされる側や目上の方が座り、「下座」にはおもてなしをする側が座ります。法事の食事では、僧侶の方が同席される場合は最上座にご案内します。喪主は最上座の横に座り、僧侶の方をおもてなしします。僧侶の方が同席されなければ、喪主が最上座に座り、それ以外の親族は下座に座ります。参列者の方々の席次には、基本的な決まりはありませんが、故人と親しい間柄の方や目上の方から上座に近い席に座って頂くのが一般的です。地域や家などにより受け継がれている風習がある事も多いので、その場合は親戚や年長者にお聞きした方がトラブルの回避に繋がるでしょう。
食事会場に着いた参列者の方々が、どこに座って良いか迷い困ってしまう事があります。そのような事態を招かないためにも、喪主は事前に席順を決め、親族などがスムーズに誘導できるようにしておく事をお勧めします。また、会場によっては席札を用意してくれるところもあるので、必要であれば前もって問い合わせておくと良いでしょう。

まとめ

現代の法事の食事には厳格な決まりがなく、自由な発想で営まれる機会も多くなりました。季節や風土に合わせ料理を選んだり、「冷暖房の風が直接あたる」位置の上座を避けたりするなど、作法やしきたりに囚われ過ぎず、状況にあわせ客人を気遣う。このように故人に代わり感謝を表す事が、受け継いでいくべき精神ではないでしょうか。