終活 看取り シニアライフの情報Webメディア

法事の案内状はどうすればいいの?役割は?書き方は?

身内の方が亡くなられて葬儀が終了してから、しばらくの間法事が続きます。一般的には四十九日が忌明けとされ、この日を過ぎると年忌法要となります。 ここでは法事・法要の時に出す案内状について紹介させて頂きます。案内状の文例も紹介しますので法事の予定がある方は参考にしてください。

 

法事の案内状とは

法事・法要とは、故人の冥福を祈り、供養をするための仏教行事です。
一般的な忌明けまでの間、七日おきに法要があります。地方によっては、五七日(いつなぬか)が忌明けの場合もあります。忌明けまでの間、七日おきに法要がありますが、初七日と四十九日以外は遺族のみで行なわれることが多いようです。そして四十九日を過ぎると、一周忌、三回忌、七回忌…といった年忌法要になります。今は法事毎に集まるのは難しい事も有り、初七日を葬儀と同時に行うのが多くなってきているようです。法事の案内状は四十九日にまず出されます。

法要の種類

四十九日法要や、一周忌などの法事(法要)には、身内以外にも、案内状を出します。
(上記◎印の法事には、身内以外にも案内状を出すのが一般的です。七回忌、十三回忌以降の年忌法要は身内だけで行なう場合も多くなって来ています)。
法事・法要の日程を決める際、平日にあたる場合は、直前の土日に行なわれる場合が多いようです。

なお、初盆の法要は忌明け後に初めて迎えるお盆に行われます。亡くなってから間もない時期(四十九日が済んでいない時期)にお盆を迎えても、初盆の法事・法要は行いません。次の年のお盆に初盆の法要を行うことになります。

 

法事 案内状役割

法要は遺族のみで行なう場合と、故人の知人や友人にも案内状を出して出席をしていただいた上で僧侶を招いて行なうものとがあります。なかでも四十九日、初盆、一周忌、三回忌などの主な法事・法要では僧侶による読経のあと遺族や参列者による焼香がなされ、儀式の後で、一同で食事をするのが一般的です。
法事・法要の準備としては、まずは日程を決めて、僧侶に連絡をし、引き出物や食事の手配をします。 案内状を送ることは故人の知人や友人に命日や法要日を知らせて故人を敬う事を忘れないようにする為に必要な事です。案内状を送る側は送る対象者や日程等様々な準備が必要になってきます。

会葬者名簿の整理

案内状を送るために調べる事が「会葬者名簿」の整理です。故人の友人や知人は家族でもわからない事がおおくあります。特に会社間系での付き合い等は殆んどわからないのが実状のようです。会葬者名簿はお通夜や葬儀に参列された方が受け付けで「住所」「名前」等を記入した物で四十九日や一周忌等の法事の連絡には会葬者名簿が頼りになります。会葬者名簿を整理する目的には法事の後に行われる会食の用意の為でもあります。

施主が行う法事・法要の準備

■日程を決める

・法要をいつ行うのか、遺族が相談して決めます。参列者の都合を考え、命日が平日になる場合は、その直前の土日にずらして行なうこともあります。
・四十九日までの日数を数える時には、亡くなった日を含めて数えます。(百箇日までの法要は、亡くなった日を含めて数えます)
・一周忌は、命日から満一年目ですが、他の「◯回忌」という年忌法要は満年数マイナス一年で行ないます(例えば三回忌は満二年目に行ないます)

■場所を決める

・法事・法要を行う場所を決めます。
自宅、お寺、斎場、ホテルなどのいずれの場所で行うのかを決めます。 自宅や菩提寺で行なう場合も多いと思います。

■納骨を決める

・「納骨」は四十九日の忌明けに合わせて行なわれることが多いようです。遺族が相談し、四十九日の法要と合わせて納骨をするかどうかを決めます。もし納骨を行なう場合には「埋葬許可証」が必要です。
(納骨は絶対に四十九日の法要に合わせて行なわなくてはならないと言うものではありません。遅くとも三回忌の法要までには納骨を済ませるようにします)

■会食を決める

・法事の後でする会食をお齋と言います(お齋=おとき、と読みます)。
・まずは 「会食をする・会食をしない」のいずれかを決め、会場を変えるかどうかも話し合っておきましょう。 自宅で法要をする場合は法要のあと別室での会食となりますが、法要のあとで場所を移して会食をする場合もあります。菩提寺(お寺)で法要をした後、近くの料亭やレストランで会食という例も増えているようです。
・会食は行わなくても失礼にはあたりません。その場合は法事のあと引き出物と一緒にお酒と折詰弁当などをお持ち帰り頂きます。

■案内状の送り先を決める

・法事・法要に招待する人を決めます。遺族、親族だけで行うか、故人の友人、知人、会社関係まで声をかけるかを決めます。
・葬儀の際の会葬者名簿などを参考にしながら遺族で話し合って決めます。会場の場所を決めたり、案内状の送付の際に必要となります。

■案内状を出す時期

法事・法要の案内状は、1ヵ月半ほど前から作り始めます。案内状の枚数にもよりますが、印刷を依頼する必要があるためです。最近では、ネットで注文をしてすぐに印刷をしてもらうこともできますが、なるべく余裕をもって作成しましょう。また、参列者を増やす場合に備えて、10部ほど多めに作っておくことをおすすめします。

案内状を送るタイミングは、法事の1ヵ月前が一般的です。また、出欠の確認を2週間前までに終わらせておくと、法要後の会食の準備(お店の予約など)をスムーズに行うことができます。

 

法事 案内状の書き方

ここでは法事の案内状を送る必要がある四十九日・一周忌での案内状の基本的な書き方について注意点等も含め紹介させて頂きます。書き方で必要になる情報としては次の5つの項目が最低でも必要になります。

案内状の必要な項目

①[誰の法要か知らせる]

・故人の氏名、施主の氏名、何回忌の法要を行うのかを知らせます。

②[法要と日程を知らせる]

・何周忌の法要をいつ、どこで行うのかを知らせます。また、法要のあとで会食がある場合は、その旨をお知らせします。
・本来は祥月命日(亡くなった日と同じ月日)に行うものですが、実際には遺族や参列者の都合を考えて、命日の直前の土曜または日曜日に法要を行う場合が一般的です。
・年忌法要では、読経、会食(お齋と言います)の他にも、以下のような行事を行う場合があります。この中で何を行うのかを案内します。
通常行われるのは1,2,3 ですが、3のお墓参りは墓地が遠方の場合は省略され、法要と会食のみ、または法要のみの場合もあります。
1法要(僧侶による読経。遺族、参列者による焼香)。
2会食(お齋=おとき、と読みます)。
3お墓参り
4卒塔婆供養
5納骨(納骨は四十九日の頃に行うの場合が最も多いのですが、一周忌に合わせて行われることもあります。)

④[出欠を調べる]

・会場の準備、引き出物や料理の手配のため、法要への出欠を確認します。返信用のハガキを同封するか、往復はがきの返信欄を使います。十三回忌を過ぎると次第に法要も縮小されていきます。身内だけの法要の場合には、引き出物も次第に簡略化〜省略していきます。

案内状の作成時の注意点

⬛文中に句読点は用いない

会葬礼状の文中では、句読点の「、」や「。」は用いません。なぜ会葬礼状に句読点を用いないのかについては、次のようなの3つの説があります。
1.もともと書状は毛筆で書かれていました。毛筆の書状には近世まで「、」や「。」を用いていませんでした。だから会葬礼状でもお礼状の文面中に「、」「。」は用いないのが正式、という説。
2.葬儀や法事がとどこおりなく流れますようにという意味や、つつがなく終わりましたというをこめて、文章が途切れるような「、」「。」は用いません。冠婚葬祭に関する案内状や挨拶状全般も、 式や行事が滞りなく流れるように、「、」「。」は用いません、という説。
3.「、」や「。」は読む人が読みやすいようにつけられたものであり、読み手の補助をするものと考えられます。あらかじめ句読点をつけた書状を送るのは読む力を充分に具えた相手に対して失礼であるという、読み手に対する敬意から「、」「。」はつけない、という説。

⬛封筒に入れる場合、二重封筒は用いない

・法事を知らせる案内文を書いた書状は、ふつうは封筒に入れて出すのがマナーです。
この時に使う封筒は、二重封筒は用いません。
二重封筒は不幸が重なると言われ、使わないのがマナーです。白い無地の封筒が使われます。
・近年は、略式として封筒を用いずに往復ハガキを使うケースもあるようです。

 

法事 案内状の例文

これから法事の案内状をだされる予定の方のために参考に文例を紹介させて頂きます。

⬛季語

案内状の冒頭にいれる季節を出す季語

http://www.uonoprint.com/jouhou/kigo.html

⬛四十九日法

[粗餐] 法要後の食事のこと

⬛初盆(新盆)法要

[お斎] 法要後の食事のこと

⬛一周忌法要

[御塔婆] 故人への手紙の事

案内状は文字が読めればいいだけではないと思います。一人でも多くの方に出席して頂くために読んだ人に出す方の心が伝わることが大切です。それには出す方の真心を伝える綺麗なレイアウト、綺麗な文字も重要な役割を果たします。ここで紹介しました事例はごく一部ですので、出される方の気持ちのこもった簡潔で故人の思いが伝わるような文面で送られると、いただいた方はきっと故人の思い出を抱いて出席される事でしょう。

法事 案内状のマナー

次のような項目が案内状を出す時に考えられるマナー(注意点)ではないでしょか

①年忌法要は、故人の命日に法要を行います。故人の命日が平日で都合がつかない場合は、法要を命日より繰り上げて行います。
②法事の案内状の発送時期は、法事一か月前までに発送するのが好ましいですが、遅くとも法事を行う三週間前までに行います。法事の案内状は、返信用はがきの同封もしくは、往復はがきで発送を行います。
③年忌法要は年々小規模化していきますので、三回忌までは故人の友人や知人に案内状を発送しますが、それ以降は親族のみで行うため法要の案内状は必要ありません。
④法事の案内状は、どのような法事であるのかを伝える重要な案内状です。親族だけで行う法事であれば電話で案内をすることもできますが、親族以外の方へ出す場合はきちんと形に残し確実に伝える手段として、案内状を発送するのが一般的です。
⑤案内状の表現方法にも気をつけてください。
◉案内状の書体(フォント) 一般的には明朝体が好ましいようです
◉季語ー法事の案内状の時候の挨拶(季語)を記入する際は「慶ぶ」「慶ぶ」といった表現は適切ではありません。このような表現は不謹慎とされており、法事の案内状では一回忌まで「おめでたい」の意味合いの言葉は避けるのが一般的です。

代用の言葉として「御変りはありませんか」「お過ごしのことと存じます」といったものを使用しましょう。
⑥法事の案内状は、無地に黒字の印刷となります。背景を特に入れる必要はなく無地が最も無難となります。封筒も白い無地のものを選びましょう。

 

まとめ

冠婚葬祭の中には、色々な作法やマナーがあります。特にその中でも葬儀や法事などは結婚式よりもきめごとは多いのではないでしょうか。

香典一つにしても宗派、袋の形態、包み方、表書き等かなり有ります。若いときは「知らなかった」ですむかも知れませんが、年配になると常識と思われますのでこれから作法やマナーについて少し学んでみてはいかがでしょうか。