終活 看取り シニアライフの情報Webメディア

葬儀での挨拶はどうしたらいいの?タイミングは?例は?

死とは人間にとって避けられ無いものです。そして、残された遺族にとっての悲しみは大きなものとなります。それ故に、葬儀の場において遺族と弔問客の間には、交される言葉の一つにも厳格なルールが定められています。
葬儀の最中は、どの段階で挨拶をするのか、どんな言葉を使って話すのか、どんな言葉は使ってはいけないのかを説明します。

 

葬儀の流れ

通夜の流れ

死亡診断書作成から通夜に至るまでです。

臨終から仮通夜

臨終から通夜の準備まで。
駆け付けた者と、その場に来られない者のやりとりとなります。
当然、関係者達へ臨終を連絡する事になります。

(1)医師から死亡診断書が発行される
(2)葬儀社へ連絡。搬送・安置される
(3)葬儀社と打ち合わせ。
(4)僧侶来訪(この時点では呼ばない方が多い)
(5)納棺

通夜

通夜には多くの弔問客が来る事が予想されるうえ、通夜振舞いも有り得ます。
喪主は受付で弔問客の応対、更には通夜振舞いの
後の見送りをする事になります。

(1)受付
(2)来場者全員の着席
(3)僧侶来訪。読経。
(4)焼香
(5)通夜振舞い
(6)通夜終了

告別式

喪主による受付と挨拶があります。
参列者にとって、故人との別れとなる時となるため、
喪主からの挨拶、弔電朗読などが行われます。

(1)受付
(2)来場者全員の着席
(3)僧侶来訪
(4)開式の辞
(5)読経・引導
(6)焼香
(7)弔電
(8)挨拶
(9)閉会の辞
(11)お別れ
(12)出棺

告別式後

遺族側が接待する形で、初七日では親族が集まり、僧侶を招待する形になります。
喪主はその対応に追われる事になります。
僧侶が帰る際、挨拶後お布施を渡します。

(1)火葬
(2)初七日法要
(3)精進落とし

葬儀の挨拶のタイミング

挨拶のタイミング、即ちいつの時点で行うか。どの様に行うかを解説します。

臨終から仮通夜

臨終直後

訃報は、その直後に親族や特に親しい人に対して電話で知らせます。
連絡内容は簡潔に。声を掛けるのは三親等以内となります。
親族以外には、訃報や臨終時の様子などを記した書類、「訃報通知」をメールやFAX、電報で知らせます。

親族が到着時

急遽駆けつけた親族たちへ、ねぎらいの言葉と故人がどんな状態であったかを説明。
対する連絡を受けた側の者は、遺族へお悔やみを伝えます。

僧侶来訪時

この時点で、僧侶を呼ぶ場合、「お迎えの挨拶」となります。

通夜の場

受付

喪主から弔問客へ、参列して貰った事に対する感謝の挨拶をします。
弔問客からも、お悔やみ言葉の挨拶となります。

僧侶来訪

喪主から、僧侶に対する迎えの挨拶をします。

通夜終了

喪主から、終了と通夜振る舞いへの挨拶。

告別式

受付

通夜に準じます

僧侶来訪

通夜に準じます

弔電

喪主による弔電奉読。特に親しい相手からの物を5通ほど全文読み上げます。
その他は名前のみの読み上げとなります。

弔電後の挨拶

喪主による、閉会前の挨拶となりますが、棺を送り出す「お別れ」時に行われる場合もあります。

告別式後から忌明け

葬儀において協力してもらった相手に対し、挨拶回りをしたり礼状を発送したりします。

葬儀の挨拶の例

臨終から仮通夜

訃報を連絡

◎親族への連絡
「○○の息子の○○です。○○は○○時○○分○○病院で亡くなりました。これから家まで連れて帰りますので、追って連絡します」

◎仕事関係への連絡
「私は○○部○○課○○の息子でございます。父の○○は○○時○○分○○病院で亡くなりました。葬儀の日程決まりましたら、改めてご連絡いたします」

僧侶来訪

◎喪主
「ご足労頂き有難うございます。葬儀は予定通りとなりますので宜しくお願いします」

急遽の弔問

遺族と特に親しい間柄なら、通夜前に駆けつける事も有り得ます。
故人の遺体との対面する事にもなります。

◎弔問客
「この度は突然の事で、ご家族も無念だったことでしょう。心中お察し申し上げます」

通夜

受付

◎喪主
「○○(故人)も喜ぶと思います」
「本日はお忙しい中、お運び頂いて有難うございます」

◎弔問客
「この度はご愁傷様です」
「心よりお悔やみ申し上げます」

焼香の後

「本日は有難うございました。皆様のご厚情感謝いたします。明日の告別式は○○時寄りとなっております故、宜しくお願い致します」

通夜振舞い

◎喪主:開会・閉会の挨拶
・開会
「本日は、お忙しい中お越し頂き有難うございます。ささやかながらお食事の用意を致しております故、よろしければ故人の話などお聞かせください」
・閉会
「本日はお忙しい中、父○○のためにご参列頂きまして誠に有難うございました。
「夜も遅くなりました。皆様、明日のご予定もあると存じますのでこれにて散会とさせて頂きます」
「明日の葬儀は○○時からとなっております。よろしくお願いします」

告別式

受付、僧侶来訪は上記に準じます。

出棺時

◎喪主
「○○(故人)の葬儀にご参列賜り有難うございました。
「残された私達に対しましても、変わらぬご指導とご厚誼を賜りますよう、宜しくお願いします」

僧侶へのお布施を渡す際

◎喪主
「本日はお勤めを賜り、有難うございました。
「些少ではございますが、どうぞお納めください」

葬儀の挨拶で失敗しないためには

挨拶に伴う注意すべき点を解説します。

使ってはいけない言葉

励ましの言葉

不幸があった相手の事は励ましたくなりますが、使ってはいけません。

「元気を出して」「頑張って」「大丈夫」は禁句です。
この場合は、「お力落とされているとは存じますが、ご自愛下さい」となります。

言い換える必要のある言葉

「死ぬ」、「生きていた頃」。
これらは使わず、それぞれ以下の様に言い換えます。
「亡くなる」や「ご逝去」または「他界」、「ご生前」や「お元気でいらした頃」。

忌み言葉

不吉とされるため、避けねばならない言葉です。
普段よく使う言葉なので、特に注意が必要です。

◎死を連想させる言葉
「続いて」、「再び」、「追って」。

◎「重ね言葉」
「ますます」、「色々」、「くれぐれも」など。
これらの言い回しは、「重ね言葉」と呼ばれるもので、
葬儀だけでなく、結婚式でも禁じられています。
同じ言葉を繰り返すのは、困難や不幸を繰り返すと考えられ、不吉とされるのです。

宗教の違いによる言葉

キリスト教や神道の葬儀においては使われない言葉があります。
以下の様に言い換えましょう。

「お悔やみ」・「ご冥福」

神道では「御霊の御平安」。
キリスト教では「安らかにお眠り」。

「成仏」

神道では「御霊になられる」。
キリスト教では「天に召される」や「神の御許に召される」。

挨拶時のマナー

弔問客にとっての葬儀場でのマナーです。

死因は尋ねない

葬儀は死を悼む場。進んで話題にはしません。

大声で話し掛けない

会場では知人を見つけても、黙礼に留めましょう。

まとめ

親しき仲にも礼儀あり。ましてや葬儀場とは、人の死を扱う場。故人の魂を送り出し、遺族を慰める、厳粛な儀式の場所です。残された者の心情を守るためにも、厳格なルールが必要です。

葬儀のルールは複雑ですし、普段馴染みのあるものとも言えず、こうして知識を得ても不安は残ります。しかし、今後幾度となく直面する事になる問題でもあります。