終活 看取り シニアライフの情報Webメディア

法事は引出物はどうすればいいの?定番は?

法事と法要、どちらもよく聞くことばですが、両者の違いはどこにあるのでしょうか。それとも、明確な違いはないのでしょうか。
法要と法事は、今では同じ意味で使われていますが、簡単に言うと法要は、死者に対しての供養を営むことで、法事は仏教行事全般(お盆・彼岸供養など)のことを指します。
仏教では人が亡くなると四十九日間、死者の魂が成仏せずにさまよっているといわれています。そこで、遺族は故人が無事に極楽に行けるよう、読経をし、飲食や行動を慎んで身の汚れをとる斎戒などの善事を行います。いわゆる死者のために行う追善供養が法要です。
法事と法要にはこのような違いがあるのですね。
今回は法事の引き出物について詳しく見ていきましょう。

法事の引出物とは

法事の引出物は、法事に参列していただいた方々にお礼の気持ちを込めて渡す品物です。昔はさまざまなしきたりがあったようですが、最近は比較的自由に品を贈ることができるようになってきました。
金額としては、通常は香典の3分の1~半額程度(半返し)が相場と言われます。法事の際に包んでくる金額としては、父母や兄弟でなければ1万円程度が一般的ですので、その後の会席(お料理)の予算のことも含めて考えると、法事の引出物は2,000円~5,000円程度が一般的なようです。

 

法事 引出物の意味

■法事の引き出物の意味

故人を偲ぶ儀式である法事。法事に参列してくださった方へ、お礼の気持ちを込めて手渡すのが法事の引き出物です。法事に参列して頂かなかった方でも、お供えなどを頂いた場合は後日、法事が無事執り行われたご挨拶をかねて、引き出物を持参もしくは郵送するようにします。

■法事の引き出物の熨斗(のし)の表書き

法事の引き出物ののしは、黒白または双銀の結びきりの水引に表書きは「志」「粗供養」などとし、下段には施主名や「○○家」という喪家の姓を記します。
四十九日法事の引き出物には黒白結びきりの水引に「満中陰志」「忌明志」などと書きます(地域によって異なります)。

 

法事の引出物の定番5選

法事の引き出物によく選ばれる物としては、食品や消耗品などです。これは「不祝儀がいつまでも残らないように、消えるもの」という意味が込められています。
また、引き出物は基本的に当日に手渡しし持ち帰ってもらいますので、重いものやかさばるものは避けたほうが無難です。
引き出物の定番をみていきましょう。

■日本茶、コーヒー、紅茶など

特に日本茶は定番の品として多く用いられています。日本茶、コーヒーや紅茶は有名店や有名ブランドの詰め合わせセットなど普段自分では買わないような少々高級なものが人気です。

■乾麺、乾物

素麺やうどん、そばなどの乾麺、海苔や干ししいたけなどの乾物。何より保存がきくので扱いやすく、どなたにでも喜ばれる品です。

■消耗品

石鹸や洗剤などの日用品も、引き出物の定番の一つです。こちらも、成分にこだわったり普段購入する物よりもワンランク上質な商品などが喜ばれているようです。

■布製品

ハンカチやタオル、シーツなどは国産の高級品や海外ブランドなどの物が好まれるようです。相手の好みがわからない場合は派手な色柄物は避け、シンプルで定番なものを選びましょう。オーガニックなどの素材にこだわるのも良いでしょう。

~その他の人気の商品~

上にあげた定番の品5選の他に、引き出物として人気なのが菓子類やカタログギフトです。

・菓子類

和菓子、洋菓子など有名なパティシエの商品や名産などは普段気軽に食べる機会がない物は喜ばれることでしょう。

・カタログギフト

カタログギフトは価格帯の違ったカタログを用意することで相手に合わせたお返しができるため、法要の引き出物として便利でしょう。また、手渡しできない食品などを選ぶことも出来るのでもらった人の選択の幅が広がります。

法事 引出物のマナー

さて、ここまで法事の引き出物についてみてきましたが改めて、法事の引き出物のマナーをまとめていきましょう。

1. 熨斗紙

「黄白結切り掛け紙(のし)」

一周忌以降の法要引出物や法事のお返し、仏式・神式問わず広く使われています。

「はす柄結切り掛け紙(のし)」

香典返し・法要引出物や法事のお返しに、仏式用の蓮柄のし(掛け)紙です。

「黒白結切り掛け紙(のし)」

宗教問わず弔事全般に使用可能です。

2.法要の引き出物に適した品物

法事当日に法要の引き出物に適したものは、慶びごとではないため日持ちして食べてなくなるもの、実用品、消耗品などで小さくかさばらず軽いもの(持って返りやすいもの)が適しています。自分で好きな物を選ぶことができるカタログギフトも人気。

3.法事の引き出物の金額の目安・相場

法事の引き出物は、49日(忌明け)前にいただく香典に対する香典返しとは異なり、良く言われている半返しや3分の1返しとは異なります。
一般的にはいただいた金品の7割程度をお返しするとされています。
例えば、頂いたお供えが1万円から2万円で、御膳が1万円前後なら、引き出物は3千円から5千円前後のものを用意するといいでしょう。

■予備知識

~四十九日前(忌明け前)にいただく香典と香典返しの考え方~
・法事のお返し(法事返礼品)・・・頂いた御仏前の3分の1~半額程度のもの。
頂いた御仏前(香典) →お返し商品目安金額
30,000円 → (目安)10,000~15,000円
10,000円 → (目安)3,000~5,000円
5,000円 → (目安)2,000~2,500円
3,000円 → (目安)1,000~1,500円

~引き菓子の意味合い~

・引き菓子は列席者へ引き出物と一緒に持ち帰っていただくお菓子のことです。
お膳のお裾分けの意味があり、列席者が帰宅後、家族と分かち合うためのお土産的な意味合いがあり、引き出物と一緒にお付けするのをおすすめします。
引き出物と引き菓子を合わせて3~5品用意する地域もあるようです。
ご夫婦で参列して頂く場合は、引き出物も引き菓子も一つご用意するようにしましょう。

注意点

最後に、法事の引き出物の注意点として、いくつかポイントを押さえておきましょう。

■引出物を郵送する場合

お礼状を同封するようにします。時候のあいさつを用いず、お供えをいただいたことに対するお礼、法事が滞りなく済んだ報告を記すようにします。

■香典とお供えを両方いただいた方に対して

法事(法要)後に引出物と香典返しの両方をお渡しします。もちろん、通夜・葬儀で「当日返し」をしている場合は引出物だけですが、高額の香典をいただいた場合は、四十九日に改めて香典返しを用意することもあります。

まとめ

故人を偲ぶ儀式である法事の際にお渡しする引き出物。
法事の引き出物は、通常会食の最後に渡すことになります。手渡しをする場合は、僧侶から順に渡していきますが、最近ではセレモニーホームや料亭、ホテルなどに場所を移して会食が行われることも多く、あらかじめ席にセットしておく場合もあります。
昔からの習慣も時代や地域によって異なったり変化しています。
初めてのことはわからないことが多いので、葬祭スタッフや経験者、地域の人に相談することも良いでしょう。